援助交際について学びたい方はコチラ!援助交際サイト一覧

援助交際の現状を学びたい方へ。今最も利用されている援助交際サイトがこちら

LOVE

LOVEの特徴
今一番勢いのある援助交際サイトといえばこちらの「LOVE」。詳細検索機能で出会いやすく、絞り込み検索も可能なので好みの女の子を探すことも可能です。
口コミで人気 登録無料
詳細検索機能 援助交際サイト

FirstMail

FirstMailの特徴
気軽な援交を募集している20~30代の女性が多いのが「FirstMail」。若い女の子との出会いを探している男性から圧倒的に支持されている人気サイトです!
20~30代女性に人気 援助交際サイト
登録無料 初めてでも安心

愛カツ

愛カツの特徴
援助交際利用者の中で密かに人気のサイトがこちら!恋人募集をしている利用者が多いようですが、援交募集している女の子も少なくはありません。可愛い子も多く、今イチオシのサイトです。
イチオシ♪ 安心サポート
援助交際サイト 登録無料

援助交際で男性が最も気になることの一つとして若い相手とセックスしたいということです。しかし、実際に相手と会ってみると想像していたより年上の子ということがよくあります。

女の子を斡旋してくれるお店やその子との交渉時に何歳かということが分かればありがたいのですが、たとえ分かったとしても、実際にその年齢かどうか・・・とう問題もあります。

enjosai1実際の年齢と異なる場合はある意味契約違反じゃないかということになりますので援助交際を打ち切っても問題はないでしょう

例を挙げると 前金で払っている場合などは、返金を要求しても、大半は返金は断られる上、そこでもめると援助交際自体が出来なくなり、結局丸損という可能性もあるのです。

しかし、料金を支払っていない場合は、相手の女性が気にらない場合は その場でお断りをして援助交際を実行しないというのも一つの手です、それは全く問題ないと言えます

しかし、それでいいのか援助交際は大っぴらに推奨している行為ではなく、相手を探して援助交際に持ちこっむことは大変な作業です、なかなかチャンスがないので、せっかく手に入れたチャンスをみすみす逃してもいいのか?よっぽど相手がひどい場合は仕方ないと諦めるにしても、ある程度の我慢が可能なら、そのまま援助交際をしてしまうのも一つの手だと言えます。

すごく若い子を心待ちにしていたとしても、実際には希望通りというのは難しい事情もあると言えますよ

enjosai2気がつけば援助交際という言葉が普通に使われるようになりかしたが、行為そのものは売春と変わりません。

売春の起源は赤線と呼ばれ、もっと遡ると娼婦と言われたように、男性が女性をお金で自由にするという観点から発展してきました

売春や赤線については、完全に法律で禁止されてきましたが、現在では援助交際と言って、堂々と売春行為が行われています。女性お金を貰い セックスを提供することで需要と供給が一致しています

援助交際という言葉で、体面を整えいろいろ誤魔化している部分がありますが、実施はそんなことはなく、いやらしい行為をやっているのです。

赤線までの時代なら、その行為は生活を支える為の“職業”で生きていく為に必要なことでした

お小遣い欲しさに体を売るのではなく、今晩食べる米代を得る為に一家の大黒柱としての暗い歴史を感じさせるものだったのです。

しかし、現代援助交際をしている女性は、日銭を稼ぐ必要があるのではなく、ほしいものを手にいれる為に、ちょっと稼ぐというような、気楽な心構えで行っている人が大半で、皆悪いことをしているという意識がなく援助交際、エンコーを行っているのです

男性は、そんな明るい女性たちとのセックスを楽しみ、女は、悪いことではない、自分の体を提供してお金を貰っているだけだと開き直って、見知らぬ男性に抱かれ金品の提供を受けています

現在の法律では合法ではない援助交際ですが、若者の意識が変化しない限り、援助交際はなくならないと言えます

過去に援助交際の経験があるという現在二十歳の女性Aさんにお話を伺ったのですが、そのきっかけは友達に「お金がないなら良いバイトがあるよ」と誘われたからだったそうです

enjosai3元々援助交際がどういうものかも大体は知っていましたし何をどうすればいいかも判っていたので、軽いお遊び感覚でやってみようと思ったそうです

その友達に都合のいい日を伝えると、場所を指定されたのでその場所へ。そこに行くと話通りの目印を持った男性が現れ、ホテルへと

印象としては四十代のサラリーマンで、援助交際も初めてではなく手馴れた感じでエスコートしてもらえたそうです。ホテルでも変なことを要求されるでもなく、ごく普通にセックスをして終わり

帰り際に封筒を手渡され、もちろんホテル代も男性持ちです。Aさんはたったこの数時間だけのことで数万円を簡単に手に入れました

これに気を良くしたAさんは都合の良い時間があれば援助交際を行い、今までにも何人もの男性と関係を持ったそうです

そしてそのどれも、お互いに名前も名乗らずに淡々とセックスだけしてお金を渡してさようならというあっさりしたもので、それこそ夢のような時間だったそうです

今、その援助交際をしていない理由は単に「お金に困っていないから」というだけであり、別段援助交際に対する罪悪感などカケラほども感じていないそうで、お金に困ったらまた援助交際をしようと思っているそうな。

しかし二十歳を超えた今、自分が相手にされるかどうか、が一番の悩みだと言います。援助交際に走る女性にはこんな考えを持つ人が数多いようですね

最近は出会い系にしても援助交際サイトにしてもとにかく利用者が増えました。ですから利用者によって、目的はまちまちです。本気の恋がしたい人。結婚しているけれどセフレが欲しい人

中には結婚相手を探している人もいます。援助交際目的の女性、援助交際目的の男性。こうなってくると、プロフにはっきり書いておかないとややこしいことになります

本命の恋人をさがしているのにデートしてみたらどうも既婚らしいなんていうことがあったら、これはもう事故ですよね。お互いにとても困ることになります

楽しみたいっていうから思いっきり楽しんだ後でお小遣いを欲しがったら相手によっては怒ってしまうこともあります。だから、援助交際サイトを利用しなれている人は、良くわからない相手には近づきません

enjosai4こういうことを理解せずに中途半端なプロフを書いて登録していてもなかなか希望の相手とは巡り合えません。まず、自分の目的や立場をはっきり書きましょう。

特に既婚か未婚か、お小遣いが欲しいのかどうかなのかは、はっきりするのがマナーですよね。だからと言ってあんまり露骨な書き方だとそれはそれで相手は引いてしまいます。他の人のプロフを見て研究をしましょう

どんな書き方をしたら、目的がはっきりわかって、それでいていやらしさがないか、どんな言葉が人をひきつけるのかということを。とにかくデートに持ち込めたら、出会った相手を大切にしましょう

一度きりか、長いお付き合いになるかは、その時にはわかりません。でも、その瞬間を大切にして、二人の時間を楽しみましょう

enjosai5援助交際のなくならない理由としては単純に「お金が欲しい女性がいる」ということと、「性欲を吐き出したい男性がいるから」ということの二つがあります

男性側の考えとしては、ほんのわずかなお金を払うだけで若くて可愛い娘とセックスのできる援助交際というものは願ったり叶ったりの存在だと言えるでしょう

性欲の強い弱いに関わらず、若くて可愛い娘を抱けるという状況を喜ばない男性はまずいません。チャンスがあるならばたいていの男性は飛びつきたくなるものです

しかしその人が真っ当な大人であるのならば、さすがに考えなしに迷いなく飛びつくことはないでしょう。

では実際に援助交際をしている人からすればどうでしょうその人たちにとっては、たかがお金を渡すだけで好みの女の子を抱ける援助交際は至上の喜びそのものなのです

それによって得られる満足感や愉悦は他のものでは味わえない、文字通り比べ物にならないものなのですから、彼らは何度もあの快楽を味わおうと足を運んでしまうわけです。そう、まるで麻薬にハマっているかのように。

もし、援助交際をしていることがバレて今の人生をかけて築いてきた地位の全てを失うことになろうとも、その危険性を知ってはいても止められないのです

それほどの魅力と中毒性をはらんだ援助交際なのですから、ハマってしまった人はみな口を揃えて「援助交際はすばらしい」と言うのです

ページ上部に